アフィリエイトと投資で夫と子供を養う主婦のブログ

アーリーリタイアできるお金を貯めてから子育てしています。アフィリエイト、株、トラリピ、ループイフダンなど不労所得で人生を楽しもう!

仕事は1日3時間!子育て主婦アフィリエイターと専業主夫の1日のスケジュール

f:id:rakuennomegumi:20170214115120j:plain

私はアフィリエイトと投資で、アーリーリタイアできそうな金額を貯めて、

海外旅行も行きたいところには行って、他になんかすることないかな?と思っていた時に、子供が欲しくなり、

 

当時スウェーデンに住んでいた夫に「子供が欲しいから帰ってきてくれない?」と聞いたら

 

「いいよ~」と言ってくれたので、今年の4月から幼稚園に行く息子がいる現在に至ります。

 

子供がうまれる前までは「保育園に生後6ヶ月で預けてガンガン働くぜ~」と思ってたんだけど、
うまれて息子の顔を見たら、かわいすぎて

 

保育園行かすのかわいすぎて無理!幼稚園まで一緒にいたい!」と心境の変化があり、

 

息子が初めてスプーンを使って物を食べた時に、こっちを見て、にこっと笑った顔を見て、

 

今までに見たどんな映画よりも感動して、

 

「こういう初めての瞬間。共感を求めてこちらを見る瞬間にそばにいたい」と確信に変わり、

 

息子が起こった出来事などを自分で説明できる幼稚園ぐらいまでは、預けずに、夫婦で育てていこうということになりました。

 

それが子供にとっていいのか悪いのかはわかりませんが、私にとってはとても幸せでした。

 

我が家の場合はドイツ語と日本語と英語のトライリンガル環境なので、日本に住みながらもドイツ語をしゃべる専業パパと長くいれたのも言葉の発達的にも良かったのかもしれません。

 

3歳の息子は私よりもドイツ語が上手だし、夫よりも日本語が上手です。


現在のスケジュールはこんな感じです。

 

--------
朝6時~7時 家族起床

朝食は旦那が作る

 

朝7時には私はPCの前

 

9時30分頃 夫と息子が公園にでかける

私は7時から10時まで仕事

 

10時から私が食事の用意(昼夜分をここで準備)と身支度(おそっ!)

 

12時に夫と息子が帰ってくるのでランチ

家族で遊んだり、友達と遊びに行ったり。たまに勉強のため本を読んだり。

 

17時夕食

 

19時に息子就寝(ドイツの子ねるの早いんです。)

 

19:00ー19:30 ジョギングかヨガ 19:30-20:00 お風呂

寝るまでフリータイム
----------

です。

 

寝るまでの時間は私はFXしたり、huluで映画を見たり、夫はyoutubeを見たりで、好き~にしています。

 

寝る前に、夫と二人で「今日の息子がいかにかわいかったか」を語るのが日課です。

 

出産は無痛分娩で、里帰り出産はせずに、出産から2週間後に仕事復帰しました。

 

息子は、うまれた時からジーナ式のネントレを参考にして育ててきて、19時就寝、7時起床で、夜泣きに困ったということもほぼありませんでした。

 

ジーナ様様です。

 

自宅仕事で赤ちゃんを育てる方は、妊娠中にジーナ式などネントレ本を読んでおいたら助かるかもしれません。

 

ジーナ式は細かいので、できたらうまれてからではなく、妊娠中に読んでいたほうがいいと思います。

 

もっと簡単で読みやすいのはこちらです。

 

ネットを見ていたらほとんどの子育てをしている人が共働きで保育園にいきたいように感じるのですが、

 

私はそうではなかったようで、夫と二人で家で子育てをするのはとても幸せです。

 

ほんとに保育園に子供を預けてバリバリ働きたい人は「頑張れ!」と思うのですが、


「収入を得たいから働かなければならない。でもほんとは子供が小さい頃はそばにいたい」という方は、

 

子供が小さいうちはあっという間なので一緒にいてあげて、自宅で仕事&投資などお金を稼げる方法を模索してみるのもいいのではないでしょうか?

 

また書きますが、未就学児が家にいながら一人で在宅で仕事をするのは至難の業なので、できれば「在宅で仕事」というよりも、不労所得を手に入れることに注力したほうがいいかもしれません。

 

でも、ワークライフバランスの小室淑恵さんは「仕事を辞めてはいけない」と言っているので、熟考が必要ですね。^^

働きママの新常識:仕事を辞めてはいけない:日経ウーマンオンライン【仕事も育児もうまくいく!「逆転」仕事術】

 

小室淑恵さんのように雇われながらも充分に稼げるエリートキャリアウーマンだったらいいのですが、

 

そもそも雇われていたらそんなに稼げない私のような人間は早く自営業+投資で人生をまわすことに気が付いていて良かったと自分で思っています。