アフィリエイトと投資で夫と子供を養う主婦のブログ

アーリーリタイアできるお金を貯めてから子育てしています。アフィリエイト、株、トラリピ、ループイフダンなど不労所得で人生を楽しもう!

一人起業で稼ぐなら!儲かって楽になる!ビジネスモデルを考える!

f:id:rakuennomegumi:20170316202208j:plain

私はアフィリエイトでうまくいったのですが、アフィリエイト以外の一人起業でうまくいく人もたくさんいらっしゃいます。

 

「独立したいな~。何をしようかな~」と、
ビジネスモデルをまだ考えている段階なら、ぜひ読んで欲しい本があります。

 

「1万円起業」1万円で起業して年間500万円ほどの売り上げをあげるビジネスをしている方々を取材してる本です。

 

きっと何かの学びがあると思います。


ビジネスモデルを作るにあたって、この考え方をもっと早い時期に知っておけば良かったと思うので、ご紹介します。

 

◆フロー型とストック型

ビジネスには「フロー型」と「ストック型」があります。

 

フロー型は、1回ごとに報酬が発生するビジネス

 

アロマテラピーのサロンで1回きてもらって、マッサージをして5000円いただく
・アクセサリーを作って販売する
・セミナー講師がセミナーをする

 

このように1回の売り上げに1労働の単発ビジネスがフロー型ビジネスです。

 

これだと売り上げをあげるには、

 

・単価をあげる
・顧客を増やす

 

しかありませんが、自分の1日の時間は限られているので、天井が見えていますよね?

 

例えば主婦がアロマテラピーサロンをするといて、1日4人の施術が限界だと、○円×4人がMAXの一日の報酬です。

 

主婦起業の自称コンサルタントの方は「単価をあげろ」と言いますが、アロマテラピー自宅サロンで単価をあげてお客様が増えますかね???

 

ふすまで仕切って、たまに子供が乱入してくるような空間の自宅サロンで、単価UPで、自宅サロンでそのお値段ならもっと駅チカで便利できれいなサロンに行けますよね?というお値段にして、

たまに知り合いがくるだけというパターンが往々にしてあるので、「単価をあげる」というアドバイスも安直かなと思います。

 

適正価格は大切です。話がそれました。

 

ストック型ビジネスは

 

・携帯電話、ガスや水道、学習塾などの月会費
・全身脱毛サロン月額制

 

などがあります。

 

できれば、1回しただけでマネタイズの方法が増えていくストック型が最強です。

 

書けば書くほど記事数が増えていくアフィリエイトもストック型ビジネスです。

 

4年前に書いた記事がずっとアクセスを集めて、ずっと報酬を出し続けてくれるなんてよくあることです。

 

現在私が書いている7年前ー8年前に書いた記事が現在も月に10万円以上コンスタントに報酬をあげてくれている記事も何個かあります。

 

このように1度の労力で稼ぎ続けられるビジネスモデルを選んだほうが資産を最大化しやすいです。

 

最小の努力で最大の結果を得られるように最初のビジネスモデルを考えましょう。

 

例えばセミナー講師だと、セミナーを1回する 終わり

 

ではなく、セミナーを動画販売することで セミナーをすればするほどストックが増えていきますよね?

 

アロマテラピーだとどんなのがストック型となるでしょうか??

 

習い事的に月額報酬をいただければストック型になるでしょう。


物事をフロー型かストック型かを考えると

 

facebookTwitterはフロー型で、ブログはストック型と言えるのではないでしょうか。

 

フロー型とストック型で、どちらがビジネスに有利かというと、ストック型ですよね。

 

なので、フロー型ビジネスをしたかったら、ストック型にできることもあるかないか考えてみてもいいかもしれませんね。

 

おすすめの本はこちらです。

 

ストックビジネスの教科書

◆売り上げが青天井

 

1日の売り上げが限定されるビジネスモデルとそうじゃないビジネスモデルがあります。

 

先ほどの例のように、アロマテラピーマッサージ屋さんだと1日に何人もできる時間、スペース、体力がなくないですか?

 

1人でするなら1日3人が限界など限界がでてきますよね。

 

お客さんが座れる座席数が決まっている仕事は売り上げもおのずと決まりますよね??

 

子供英会話の先生も何人の子供が入れて、自分の時間的に受け持てるのは何人と決まっていますよね?

 

でも、私が行っているアフィリエイトは1日に、何人来ても大丈夫、何人購入しても大丈夫なんですよね。

 

◆不労性があるかないか

そのビジネスモデルには不労所得性がありますか?

 

これも仕事も人生も楽しむためには、とても大切だと思います。

 

アフィリエイトのようなそこにいなくても稼げる仕事「不労所得」では、海外旅行に行っていても、出産をしていても、収入が0円になることはありません。

 

でも、アロマテラピーサロンでマッサージをして5000円だと、自分が風邪をひいてお客様に施術ができなかったら0円になってしまいます。

 

ストック型ビジネスがいいとはいえ、月額制の英会話教室をしたら、旅行にもいけません。

 

その時だけ人を雇うのもありですが、そもそも不労性をもたせて起業をしたほうがいいかもしれません。

 

不労性は あなたが何をしていても稼げることです。

 

このように不労性があるかないかも資産構築に大きな違いがでてきます。

 

不労性を出すのは、やっぱり「オンライン」ではないでしょうか。

 

オンラインで英会話のスカイプレッスンだと、そこにいないといけないので、不労性はないですよね?

youtubeならどうでしょうか?

 

ブロガーならどうでしょうか?

 

さらに、オンラインでメルマガ・英会話のコンテンツ販売→本の販売なども考えられますね。

 

このように不労性があるかどうか、不労性をもたせられるかどうか考えてみられてはどうでしょうか?

 

不労性があるかないかで、自由に生きれるか不自由が変わってきます。

 

◆ポータブル性があるかないか

 

持ち歩き可能なことをポータブルと言いますが、どこにいっても仕事ができるのと、どこにもいけない仕事があります。

 

まず店舗を構えるとどこにもいけませんね。どこか行くには、誰か人を雇う必要がありますね。

 

1人だったら、できたとしても、近所に出張でのお仕事ぐらい?海外旅行してたら稼げませんよね。

 

PC一台でできる仕事は旅行していても、旅先でPCを開いてお仕事ができそうですね。

 

セミナー業も自分一人でどこにいってもできそうですね。

 

移動販売もできるかもしれませんね。


◆1回でいくら稼げるのか?

 

一人お客様が来てくれたら5000円稼げる仕事と、一個売れて100円の仕事なら、1万円を稼ぐのに大きな差がありますよね。

 

パン屋さんとかビジネス的にめちゃくちゃ難しそうじゃないですか?

 

・お客さんがくるかもしれないから、そこにいないといけない

・パンがないとお客さんがこない=材料費節約できない

・何人来るかわからない=何個作るのかわからない

・安い=めっちゃ売らないと儲からない

 

これでスタッフを雇うとなると、どれぐらいパンを売らないといけないのでしょうか??

 

パンを売ったら1万円円稼ぐのに、原価を考えず、200円のパンを50個売らないといけないなら、
1人2000円のパン教室をしたら、5人集客したら1万円ですね。


◆リピート性があるほうがいい

 

リピート性があるビジネスモデル。リピート性がないビジネスモデルがあります。

 

同じ顧客からリピート注文が入るかどうかのことですが、

結婚式はリピート性があったら、あまりよろしくないですね。

 

看板屋さんも一回つけたら何回も付け直さないので、リピート性はないですね。

 

ネイルサロンで行うジェルネイルは、「1回きてもらって、来月もきてもらうことができる」リピーター性があるといえますね。

 

髪を切ったらまた伸びる美容師さんもリピーター性がありそうですね。

 

でも、美容院はコンビニよりも多いと言われているので、簡単に乗り換えられそうでもありますね。

 

医療にも美容のしわ取りにも使われているボトックスは、半年で効果がきれるので、またボトックスをうちにいかないといけないのですが、

 

医療的観点で見たら「半年で効果がきれるなんて残念」なんですが、美容クリニックから見たら「半年で効果がきれるなんて、なんてリピート性が高い商品!嬉しい!」となるんだそうですね。

 

物でいえば、白髪染め、髭剃りのジレットは替え刃がリピート性があります

ね。プリンターインクなどもそうですよね。


上記にあてはまるビジネスモデル

 

・ストック型である

・売り上げに限界がない
・不労性があり
・1回の単価が高額
・リピート性がある

 

が、のんびり生活をしながら、個人起業で資産を最大化するのにぴったりなビジネスモデルと言えます。

 

あなたの好きでやりたいことにこの要素はあるでしょうか?

 

ないとしたら、どのようにアレンジをしたら、近づくことができるでしょうか?

 

例を出してみましょう。


◆ストック型+リピート性のあるビジネスモデル

 

子供ができるまで知らなかったのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじ」ってあるじゃないですか。あのしまじろうの。

 

あれって、一度「こどもちゃれんじ」を申し込んだらって、こちらから解約しなければ、高校生の進研ゼミまで毎月届くんですね!

 

すごいビジネスモデルじゃないですか?


宅配水のビジネスモデルは、ストック型+リピート性+高額はあるけど、不労性はない

 

月会費性のパン教室のビジネスモデルは、ストック型+リピート性はあるけど、不労性はなし

 

子供英会話の先生になるのは、フロー型+リピート性あり、不労性なし

 

などなど、ビジネスモデルを考えて、あなたが送りたいライフスタイルにピッタリあったビジネスモデル(起業)を選びましょう。

 

どうやったらこのビジネスモデルに不労性をもたせられるのか?など考えると、また違う可能性がでてきますね。


こんな風にビジネスモデルを考えてから立ち上げるといいのではないでしょうか???

 

でも、私がアフィリエイトでうまくいったというのもあると思うのですが、見れば見るほど、オンラインビジネス最強なんですよね。

 

オンラインビジネスの中でも、やっぱり全部あてはまっているのは「アフィリエイト」「youtuber」などでしょうか?

 

EC、せどりなどは不労性が低く感じます。(それを回避するツールや方法などもたくさんあるのかもしれませんが)

 

今から独立起業を目指すのなら、今から自由にビジネスプランも考えられるので、この考え方がお役に立てれたら嬉しいです。